Warning: Can't open file: 'cache_page.MYI'. (errno: 144) query: SELECT data, created, headers, expire FROM cache_page WHERE cid = 'http://kaigai-etf.com/node/1' in /home/kaigai-etf/www/includes/database.mysql.inc on line 172

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kaigai-etf/www/includes/database.mysql.inc:172) in /home/kaigai-etf/www/includes/bootstrap.inc on line 531

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kaigai-etf/www/includes/database.mysql.inc:172) in /home/kaigai-etf/www/includes/bootstrap.inc on line 532

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kaigai-etf/www/includes/database.mysql.inc:172) in /home/kaigai-etf/www/includes/bootstrap.inc on line 533

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kaigai-etf/www/includes/database.mysql.inc:172) in /home/kaigai-etf/www/includes/bootstrap.inc on line 534

Warning: array_key_exists() [function.array-key-exists]: The second argument should be either an array or an object in /home/kaigai-etf/www/includes/module.inc on line 217

Warning: array_key_exists() [function.array-key-exists]: The second argument should be either an array or an object in /home/kaigai-etf/www/includes/module.inc on line 217
海外ETFとは | 海外ETF.com

海外ETFとは

warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/kaigai-etf/www/includes/database.mysql.inc:172) in /home/kaigai-etf/www/includes/common.inc on line 141.

海外ETFとは

ETFとはExchange Traded Fundの略であり、その言葉どおり、取引所(Exchange)で、取引される(Traded)、投資信託(Fund)のことを言います。 上場されている場所(取引所)で分類すると、東京証券取引所や大阪証券取引所に上場している国内ETFと、ニューヨーク証券取引所や香港証券取引所など海外取引所に上場している海外ETFに二分されます。

国内ETFは、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)など国内資産に連動するものが中心で、銘柄数も数十と限定的です。海外資産連動のETFも徐々に増え始めていますが、海外で人気の出たものが、日本の厳しい上場プロセスを経て上場に至るので、上場したときが天井で高値づかみになる場合が少なくありません。

海外ETFは世界中の資産が対象で、銘柄数も1,000以上と多く、選択肢が豊富です。最近ネット証券を中心に日本の証券会社も取り扱い数を増やしてきました。

また、海外の証券会社に直接口座を開設して、日本に導入される前に取引を開始することもできます。この場合は、口座開設が煩雑なことと、日本人対応になっていないので、ある程度の英語力が必要になります。 

ただし、相場の若いうちに参加すれば、大きなリターンを得ることも可能でしょう。 当サイトでは、今現在日本の証券会社で取り扱いのないETFもどしどし紹介しゆきます。いずれにせよ、ご自身にあった方法でETFの取引に参加することが大切です。

ETFの特徴

  • 株価指数などに連動するパッシブ運用(インデックス運用)である

ETFのほとんどが、株価指数、債券指数、商品指数などの指数に連動する、いわゆるパッシブ(受動的)運用のファンドであることです。つまり各市場の平均的なパフォーマンスが得られれば充分という考え方です。 市場平均以上のパフォーマンスを狙いたい方は、アクティブ(積極)運用のファンドを選択することとなります。(ただし結果として平均以下となるとこがあります。)

  • 株式と同様にリアルタイムで売買できる

取引所に上場しているため、取引形態は基本的に株式と同じです。取引時間中ならいつでも売買できるし、指値、成行きなどの価格指定も可能です。もちろん日計り(デイトレード)もできます。 前述のアクティブファンドは、原則、各営業日に1回、その日の基準価額で売買できるだけです。同じパッシブファンドにインデックスファンドがありますが、こちらも原則日に一度だけです。

  • 取引コストが安い

売買手数料も原則株式と同一なので、アクティブファンドに比べると、かなり割安です。また、残高に対して負担する信託報酬も年率1%以下がほとんどで、低コストに保有することができます。中には0.2%程度の銘柄も多くあります。

  • ユニークな商品性のETFも

前に指数連動型ファンドと言いましたが、指数と言っても一般的な株式指数だけでなく、かなり専門的な分野の指数に連動するものがあります。例えば、「水資源」関連株式だけで構成された指数や、代替エネルギーである「風力発電」関連株式の指数連動型など。テーマ型の投資が手軽にできます。(スペシャリティーETFと呼ばれることがあります。)

また、相場の下落がETFの価格上昇に反映される「ベア型」のETFも存在します。例えば相場の変動率の反対(逆)に2倍(2倍のレバレッジで)連動するウルトラショート(UltraShort)のシリーズは大変有名です。信用取引や先物取引などめんどうな手法を使わなくても、一時的な相場の下落に対し、ヘッジが可能です。

  • 欠点もいくつか

そんな優れた商品性で、短期運用にも長期運用にも向いていると言われますが、強いて欠点を上げると、①分配型がほとんどで長期複利運用に難がある、②売買の手軽さゆえ、長期投資のつもりが、短期のトレーディングになりがち、③流動性の低い銘柄も多く存在すること、でしょうか。

これら特徴を踏まえて、上手にETFを活用してゆくことが大切です。

海外ETFの取り扱い国内証券会社

前述しましたが、国内ETFは、国内取引所に上場しているため、通常どの国内証券会社でも売買が可能です。

しかし海外ETFは、各証券会社で扱っている銘柄が大きく異なるので、海外ETFを中心に売買する方は、取り扱い数の多い証券会社に口座を開設するのがよいでしょう。あるいは自分のお気に入りのETFを取り扱っている証券会社に口座を開設しておく必要があります。

ちなみに海外ETFの取り扱い数の多い国内証券会社は、

  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • SBI証券
  • オリックス証券(香港上場銘柄)

などです。

 各証券の比較はこちら⇒

しかし日本で取り扱いが始まる前に取引を開始したい、もっとユニークな海外ETFの銘柄を取引したい、という方は、海外の証券会社の口座を開設するしかありません。

海外ETFの大半が アメリカの取引所(ニューヨーク取引所、NASDAQ取引所)に上場しています。また、香港取引所 ではアジア関連ETFがリアルタイムで取引できるので、これら市場の株式を扱っている海外証券会社が中心になります。

日本から口座開設が可能な証券として人気があるのが、

  • BOOM券(BOOM Securities、 香港)、
  • イートレード(e*trade、 米国)、
  • フィリップス証券(Phillip Securities、 シンガポール)、
  • インターラクテイブ・ブローカーズ(Interactive Brokers、 米国)

などです。 その中でも比較的容易に口座開設ができ(スムーズにいけば約10日間)、取引画面が使いやすいBOOM証券の口座開設を当社はサポートしています。
⇒BOOM証券口座開設サポート詳細


【海外ETF証券
御三家】
》3社の比較

海外ETFのパイオニア
業界一のディスカウンタ

初心者にフレンドリー